消防職員の懲戒処分について

令和元年8月8日付けで消防職員の処分を行いました。

1 懲戒処分職員

  (1) 所 属   南消防署
  (2) 階 級   消防士
  (3) 年 齢   21歳
  (4) 性 別   男性

2 処分内容

  停職6か月

3 処分理由(事案の概要)

  当該職員は、令和元年7月16日(火)午前8時35分ごろ、愛知県犬山市内の県道交差点で、赤信号停車中の普通乗用車に追突する人身事故を起こし、その後の現場検証時のアルコール呼気検査において基準値を超えるアルコールが検出されたもの。
  地方公務員法第29条第1項第1号「この法律若しくは第57条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合」及び同第3号「全体の奉仕者たるにふさわしくない非行があった場合」に該当。

4 消防長コメント

  当組合職員の不祥事により、住民の皆様及び関係各位の消防に対する信頼を著しく裏切る結果となってしまい、改めて心から深くお詫びいたします。
  今一度今回の事態を重大に受け止め、法令遵守、綱紀保持の再度徹底、不祥事の再発防止に全力で努めてまいります。