消防訓練・点検・届出等の運用について

 可茂消防事務組合では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、消防法や火災予防条例により義務付けられる一部の点検や届出等について、当面の間、弾力的な運用を行うこととしましたのでお知らせいたします。

 ただし、履行義務が免除されるわけではありませんので、新型コロナウイルス感染症の感染流行が収まった後、速やかに実施してください。

  • 消防訓練及び消防用設備等の点検について

 法令上必要な消防訓練及び消防用設備等の点検については、各事業所の判断で延期していただいても構いません。なお、消防計画の期間内で実施できなかった場合は、事態が収束した後、速やかに実施してください。消防訓練計画報告書は、郵送、又はFAXによる提出でも構いません。

 また、消防訓練への消防職員の出向についても、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、自粛していますのでご理解ください。

  • 届出等について

 来庁される皆様方の安全を確保するため、届出等について、郵送による受付でも対応しています。副本が必要な場合は、副本と副本返信用の封筒(返信に必要分の切手を貼り返信先の宛名等を記載する。)を同封の上、郵送してください。

 なお、工事等を行う前に消防法令上の整合性を確認する必要がある届出については、電話等で事前にお問い合わせください。