火災件数が昨年同時期よりも増加!

年間の火災件数が令和2年12月1日現在で73件となり、昨年同時期より11件増加となりました。うち、建物火災は39件で、昨年同時期より10件増加しており、建物火災の件数が増加の要因となっています。

これからも気温が低くなる日が続き、暖房器具等の火気を使用する機会が多くなり、加えて年末年始の慌ただしさで注意力が散漫となることから、火災予防に万全を期するようにしてください。特に、住宅火災には注意し、いつも以上に気を引き締めていただき、火災ゼロを目指しましょう!

火災調査官からのアドバイス!!

3つの習慣
  1. 寝たばこは、絶対にやめる!
  2. ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  3. ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
4つの対策
  1. 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器などを設置する。
  2. 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
  3. 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。
こんなことにも注意しましょう!!
  • たばこの投げ捨てはしない。
  • 電気コンセントのほこりを時々掃除する。
  • 暖房器具は点検をしてから使用する。
  • 暖房器具をつけたまま寝ない。
  • ストーブの上に洗濯物を干さない。
  • 石油ストーブは火を消してから給油する。
  • 野焼きなどは避けましょう。